以外とわかっていない探偵が行う調査方法とは?

 

 

 

あなたは、探偵業者がどんな調査を行うか知っていますか?

 

 

何気にテレビやドラマなどで見たり聞いたりすることはあるもの、実際の内容までは把握しきれないと思います。

 

 

あらかじめ、調査方法を知っておくことは探偵業者を選ぶときでもひとつの分岐点になります。

 

 

ここではその内容を詳しく解説していきます。

 

 

調査方法を知ることが大切な理由とは?

 

 

 

 

まずはじめに探偵業者がどういった手順で調査をするのかあらかじめ知る必要があります。

 

 

なぜなら、探偵業者とやり取りするときに、円滑に話しを進めるようにするためだからです。

 

 

例えば、どんな商品でもその商品についてある程度知識があれば、売る側は下手なことを言えなくなります。

 

 

パソコンで言えば、

 

「このぐらいのスピードでこの画素数だからキレイで使いやすいんですよね」

 

と言われても

 

「この機種のスペックの場合、ここは良いかも知れないけどここがだめなんだよね」

 

と、ちょっとした知識を出すだけで売る側は身構えます。                                                        

 

 

一方的に売る側が売りたい商品を売るのではなく、自分に合う商品を選びやすくなります。

 

 

どういった商品でもその商品についてある程度知っておくことで、販売する側は下手にハッタリを言えなくなるのです。

 

 

相手に言われるがまま商品を選んでいては、本当にあなた自身がほしい商品だったのかわかりませんよね?

 

 

それは探偵業者も同じなんです。

 

 

探偵業者がどのような調査を行っているのか、知っているだけでも話しをしたときに役立つかと思います。

 

探偵業者の調査内容はこれだ!

 

 

実際探偵業者が行なっている調査内容はとても地味です。

 

 

簡単にいいますと、張り込み、尾行、証拠をカメラで撮る、といたってシンプルです。

 

 

パッと見ると簡単そうなのですが、詳しく見ていくと高度な技術がいる仕事なのです。

 

 

探偵業者の仕事はシンプルですが、調査が発覚してしまうことだけは絶対にやってはいけません。

 

これは、絶対にです。

 

 

一度、探偵業者の存在を知ってしまうとターゲットは必要以上に警戒し尾行ができない状態になります。

 

 

状況によっては張り込みすら困難になり、調査ができない状態になりかねません。

 

 

こうなってしまっては元も子もないですので、そうならないために細心の注意を払って調査する必要があるのです。

 

 

探偵業者は調査する権利は持っているものの、法に触れないように調査しなくてはなりません。

 

 

調査場所によっては難しい状況の中でも進めなければならないときもあります。

 

 

そういった法律を守りながら、ばれないように調査をするということを頭に置いて契約内容を見て行きましょう。

 

具体的な調査内容について

 

 

 

具体的な調査内容は以下の3つが主に行われます

 

・張り込み

 

・尾行

 

・証拠

 

それでは詳しく見ていきましょう。

 

 

張り込みについて

 

 

張り込みは基本中の基本です。

 

 

指定された場所や対象者が出てくる場面、または入る場所などを見張っていきます。

 

 

張り込む際は、車やバイク、自転車などを使って監視していきます。

 

 

住宅街などの人通りが少ない場所などは、周りに駐車場があればその付近で、マンションなどは実際に借りて張り込むケースが多いです。

 

 

探偵業者に依頼する場合、もし調査場所が難しそうな場合は、どのように調査するのか必ず確認しましょう。  

 

 

そこで探偵業者が渋っていたり、法に触れるような発言があった場合などは避けた方が良いですね。

 

 

尾行調査について

 

 

探偵業者尾行調査は定番ですね。

 

 

それは指定されたターゲットの後を追いその様子を記録します。

 

 

ターゲットと適度に距離を保って、状況によって尾行位置など変えて調査していきます。

 

 

仲間と連携をとりながらターゲットから目をそらすことはありません。                               

 

 

尾行を行うとき、主に徒歩、バイク、自転車、車などターゲットの行動に応じて変えていきます。

 

ただ、車やバイクは信号機などの弊害が多いためターゲットを見失う可能性が高いのも現状です。

 

 

このような状況も無きにしもあらずですので、どのような方法で追うのか探偵業者に確認しましょう。

 

 

撮影について

 

 

ターゲットが浮気相手と会っている場面や証拠などを撮影します。  

 

 

浮気調査ではこの撮影が特に重要です。

 

 

なぜなら、唯一証拠を証明するものだからです。

 

 

また、探偵業者の力の差が分かりやすいのもポイントです。

 


こで、この撮影に使用する機材について解説していきます。

 

 

探偵業者の多くは、ハンディカメラやコンパクトカメラを使っているところが多いようです。

 

 

あとはスパイカメラのような小型カメラなどです。

 

 

しかし、スパイカメラは画素数が低い他、撮影できてもぼやけていたり、ブレて顔がわかりにくかったりします。

 

 

スパイカメラで証拠を撮るのがなかなか難しいのが現状です。

 

 

また夜でも撮影できるカメラも必要です。

 

 

ハンディカメラにはナイトショットとよばれる機能もついており、暗視カメラともよばれています。

 

 

このように、調査を行う際にはどのような機材を使用するのか確認した方が良いでしょう。

 

 

最後になりますが、大事な事をお伝えします。

 

 

それは、自分たちで調査や証拠をとろうとすることです。

 

 

相手が歩きの場合であったり、文字だけを見ていると簡単そうに見えたりもします。

 

 

ですが、これがおおきな間違いなんです。

 

 

素人が「できそう」と思って調査してしまうのが一番危険です。

 

 

探偵業者はプロです。

 

 

ターゲットに調査しているのが気づかれないことが大前提です。

 

 

警戒を全く指定無いターゲットと、警戒している状態では結果が目に見えています。

 

 

自分で調査をし、ターゲットに見つかってしまった後に探偵業者に依頼しても良い結果を招くことは難しいでしょう。

 

 

状況によっては調査できないと断られる可能性もあります。

 

 

依頼を断られない場合であっても、お金だけとられて何も証拠がないという結果もありえます。

 

 

自分で無茶をして不鮮明な写真を撮るよりも、探偵業者に依頼してわかりやすい証拠写真をとってもらう方が確実ですね。

浮気調査でおすすめは以下の2社

浮気調査は安いだけでなく、証拠がしっかりとれる、真実をはっきりさせることが重要。
安くても信頼できる探偵社を選ぶためには見極めが大切なのです。

 


☆浮気調査HAL探偵社


・地方在住で費用をとにかく安く済ませたい主婦の方には圧倒的におすすめ

・全国対応可能の大手探偵会社の中で最安値
(最大手のA社と比べると半額か1/3の料金で収まることも多い)
(全国どこでも出張費0円。全国どこでも同一価格で対応が可能)

・1時間調査員1人6,000円〜と料金体系が明確
(今まで、パッケージ化された料金体系が一般的だったのをこのように明確にしたのはHAL探偵社が業界で初)

・調査中、弊社カウンセラーと依頼者様が連絡を取れる仕組みなので無駄な調査費用の上乗せが無い。

・後払いが可能。
(通常の着手金は前払いがほとんど)
(各種クレジットカードでのお支払いも可能、分割は応相談)

・調査成功率99.8%
(調査員は全て正社員のため調査能力が高い。他社ではアルバイトの調査員を使っている事もある)

HAL探偵社はこちら

 


☆ISM調査事務所



・東京、千葉、埼玉、神奈川在住で世帯年収が多い方だと思う主婦の方には、断然ISM調査事務所がおすすめ

・事前調査を行うことで調査成功率を向上させる
(過去の調査事例をもとに、依頼された内容を分析したうえで調査計画が提案される)

・リアルタイムで調査状況がわかる
(スマホやパソコンからの状況がすぐに見ることができる)

夫婦・心理カウンセラー資格者がいる
(関係を修復させるために専門的なカウンセリングが受けられる)

LINEで気軽に相談できる

ISM調査事務所はこちら

このページの先頭へ戻る