探偵社と興信所の違いとは?区分あるのか?

 

 

 

探偵業者にまつわるQ&Aを紹介します。

 

 

 

探偵業者と興信所ってどう違うの?

 

 

 

現在は根本的な違いはありません。

 

 

 

以前は探偵業者の浮気調査や人探しなどのは、個人の信用調査や行動調査を行っていました。

 

 

興信所企業の信用調査や雇用調査、市場調査などを行っていました。

 

 

興信所は対象者に直接面談したり、電話による聞き込みや取材を行うなど探偵業者と調査の手法に違いがあると言われていました。

 

 

また、探偵業者は時間や手間をかけて徹底的に調べます。

 

 

それに対して興信所は直接聞き取り調査を行います。

 

 

そのため、興信所の方が比較的コストが安く、探偵業者の方がより詳しい調査結果が得られるとも言われています。

 

ですが、現在では得意、不得意はあるものの総合として個人や企業の調査を請け負っている会社がほとんどです。

 

 

調査会社としての違いはほとんどなく、探偵業法ではどちらも探偵業とされています。

 

 

依頼する時には、得意としている調査方法や、どのように調査してくれるのか確認してから判断しましょう。

 

 

 

探偵業者や興信所に区分はあるのか?

 

 

 探偵業者や興信所に区分はあるのか?

 

 

 

 厳密的な区分はありません。

 

 

 

探偵業法では公安委員会に届け出る探偵業者に区分はありません。

 

 

一律に探偵業法の適用を受ける事業者とされています。

 

 

ですが、調査業界内では調査する分野によって、一部業者、二部業者、三部業者、四分業者と分かれています。

 

 

一部業者の場合、特定の法人をお客様として企業信用調査を行います。

 

 

企業と企業の間に入り提携したり、企業取引のために利用されるケースが多いです。

 

 

ニ部業者特定の法人をお客様として認知調査を行います。

 

 

探偵業者では、社内で違法行為がされてないか、従業員の素業調査のために利用されます。

 

 

三部業者個人や法人を相手に調査をします。

 

 

主に、尾行調査、所在調査、信用調査などの社会関係の調査を行う業者になります。

 

 

四部業者は保険関係の信用調査、財産状況や病歴などの調査を行います。 

 

 

保険などの契約の前に調査を行っていきます。

 

 

探偵業者興信所の違いを考えれば一部と二部は興信所が該当します。

 

 

浮気調査などを依頼する場合の多くは、三部業者に依頼することが多いでしょう。

 

 

ですが、はじめの方でも説明したように、実際は分類に関係なく総合探偵業者などとして調査することが多いです。

 

 

探偵業者の調査内容によっては、得意分野、不得意分野はあっても取り扱う調査に大きな違いが無くなってきているのが現状です。

 

 

浮気調査でおすすめは以下の2社

浮気調査は安いだけでなく、証拠がしっかりとれる、真実をはっきりさせることが重要。
安くても信頼できる探偵社を選ぶためには見極めが大切なのです。

 


☆浮気調査HAL探偵社


・地方在住で費用をとにかく安く済ませたい主婦の方には圧倒的におすすめ

・全国対応可能の大手探偵会社の中で最安値
(最大手のA社と比べると半額か1/3の料金で収まることも多い)
(全国どこでも出張費0円。全国どこでも同一価格で対応が可能)

・1時間調査員1人6,000円〜と料金体系が明確
(今まで、パッケージ化された料金体系が一般的だったのをこのように明確にしたのはHAL探偵社が業界で初)

・調査中、弊社カウンセラーと依頼者様が連絡を取れる仕組みなので無駄な調査費用の上乗せが無い。

・後払いが可能。
(通常の着手金は前払いがほとんど)
(各種クレジットカードでのお支払いも可能、分割は応相談)

・調査成功率99.8%
(調査員は全て正社員のため調査能力が高い。他社ではアルバイトの調査員を使っている事もある)

【無料】HAL探偵社

 


☆FUJIリサーチ



・東京、埼玉、神奈川、愛知、大阪在住の主婦の方は、FUJIリサーチ探偵事務所がおすすめ

・WEBサービスなどをやっていたこともあり、詐欺サイト被害のお金を取り戻す調査に強みがある

・日本調査業協会などに加盟していて、審査を通らないと入れない協会ですので信頼できるし安心感がある

浮気調査などは1時間5,000円〜だが、パック料金を利用した方がお得

・アフターサービスも重要視しているので、不安がなくなるまでサポートしてくれる。

FUJIリサーチ探偵事務所はこちら

このページの先頭へ戻る