浮気の調査依頼はいつ行えば良いのか?

 

 

 

 浮気の調査依頼はいつ行えばいいのか?

 

 

 

 ある程度の確証を得たところで依頼します。

 

 

 

浮気調査の場合、浮気相手と一緒にいる所を教えて写真などの証拠を取らなければなりません。

 

 

浮気相手と会う可能性が高い日が分かっているなら、急に依頼するのではなく1週間から3日前くらいは余裕を持って依頼した方が良いでしょう。

 

 

なぜなら、あまりに急だと打ち合わせも十分に行えませんし、本番の調査でも失敗してしまう可能性が高いからです。

 

 

結果的に調査費用が高くなってしまうケースもありえます。

 

 

また、浮気などを疑い始めた時はすぐに調査依頼するよりも、できる範囲で自分で証拠を集めてから依頼した方が良いでしょう。

 

 

探偵業者側は情報や証拠が多い方が調査を成功しやすく、調査期間の短縮や費用の節約にも繋がります。

 

 

また、最近の調査対象者の行動パターンを把握しておくことも調査をしやすくなります。

 

 

ただし、証拠を集めるために自分で調査をした結果、いつもと違う行動が逆に疑われてばれてしまっては元も子もありません。

 

 

余裕がなくなる前に探偵業者に相談しに行くようにしましょう。

 

クーリングオフについて

 

 

調査依頼した後クーリングオフすることはできるのか?

 

 

 

 自宅や喫茶店での契約はできる場合もあります。

 

 

クーリングオフは、訪問販売や通信販売で扱われる印象が強いですよね。

 

 

基本的に、探偵業者にはクーリングオフ制度は適用されていません。

 

 

探偵業法でもその規定は定められていないのです。

 

 

しかし、2008年の特定商取引法の改正によって、場合によっては探偵業者への契約でもクーリングオフが適用できることになっています。

 

 

探偵業者の場合、自宅や喫茶店などの営業所以外の場所で契約を行った場合はクーリングオフが適用されます。

 

 

依頼者自らが自宅で契約を行いたいと申し出た場合は、クーリングオフは適用されない場合もあるようです。

 

 

また、弁護士や行政書士が依頼者の自宅や喫茶店などで契約を行ってもクーリングオフの適用外となります。

 

 

ちなみに、営業所以外の場所で契約を行う場合は、探偵業者がクーリングオフに対応している契約書を用意する必要があります。

 

 

依頼者は、その契約書をもとに8日以内にクーリングオフの意思表示をすることで契約解除を行うことができるようになります。

浮気調査でおすすめは以下の2社

浮気調査は安いだけでなく、証拠がしっかりとれる、真実をはっきりさせることが重要。
安くても信頼できる探偵社を選ぶためには見極めが大切なのです。

 


☆浮気調査HAL探偵社


・地方在住で費用をとにかく安く済ませたい主婦の方には圧倒的におすすめ

・全国対応可能の大手探偵会社の中で最安値
(最大手のA社と比べると半額か1/3の料金で収まることも多い)
(全国どこでも出張費0円。全国どこでも同一価格で対応が可能)

・1時間調査員1人6,000円〜と料金体系が明確
(今まで、パッケージ化された料金体系が一般的だったのをこのように明確にしたのはHAL探偵社が業界で初)

・調査中、弊社カウンセラーと依頼者様が連絡を取れる仕組みなので無駄な調査費用の上乗せが無い。

・後払いが可能。
(通常の着手金は前払いがほとんど)
(各種クレジットカードでのお支払いも可能、分割は応相談)

・調査成功率99.8%
(調査員は全て正社員のため調査能力が高い。他社ではアルバイトの調査員を使っている事もある)

【無料】HAL探偵社

 


☆FUJIリサーチ



・東京、埼玉、神奈川、愛知、大阪在住の主婦の方は、FUJIリサーチ探偵事務所がおすすめ

・WEBサービスなどをやっていたこともあり、詐欺サイト被害のお金を取り戻す調査に強みがある

・日本調査業協会などに加盟していて、審査を通らないと入れない協会ですので信頼できるし安心感がある

浮気調査などは1時間5,000円〜だが、パック料金を利用した方がお得

・アフターサービスも重要視しているので、不安がなくなるまでサポートしてくれる。

FUJIリサーチ探偵事務所はこちら

このページの先頭へ戻る