探偵の違法行為はどこから?契約をする前に確認すべきこと

 

探偵に依頼する前に気をつけなければならないのが、その調査は違法ではないか? ということ。

 

 

探偵業界はなにかとグレーな感じはありますが、法改正もあって不透明さがなくなりつつあります。

 

 

ですが、そうは言ってもたくさん探偵もありますし、知らず知らずのうちに違法行為に触れてしまっている。

 

 

実は、そういう可能性もないわけではないんです。

 

 

あまり聞かない話なのですが、「もしかしたら・・・」のときを考えて知っておきましょう。

 

 

契約する前に、どこからが探偵の違法行為なのか? 違法行為に加担した場合はどうなるのか? 

 

 

このあたりをくわしく深堀りしていきます。

 

 

 

探偵の違法に加わったらどうなるの?

 

 

早速、探偵の違法に加わった場合にあなたに起こることは以下になります。

 

探偵が違法行為を行った場合、あなたにも責任が問われる場合がある

 

悪質な業者に依頼すると、知らないうちに犯罪に加わってしまう場合がある

 

 

とても怖いことですよね。

 

 

探偵の中には 探偵業法などをしっかり守らない業者もいます。

 

 

こうした探偵に調査を依頼してしまうと、あなた自身が違法行為について聞かれたり、犯罪に巻き込まれてしまう可能性があるのです。

 

 

さらには、守る意識を持たない悪質な業者やグレーゾーンな活動を行う者もいます。

 

 

こうした業者に相談したり依頼をしてしまうと、求めていた調査結果が得られなかったり、オプション料金を取られ続ける可能性があります。

 

 

安い料金で契約したはずが、後々になって高額な請求をされてしまったというように。

 

 

困っている依頼者の心理に漬け込んで、さらに絞りとられてしまう二次被害をなんとしても防がなければなりません。

 

 

「じゃ、違法行為ってどんなもの?」

 

 

その通りです。具体的に見ていきましょう。

 

 

危険!これは違法です。グレーゾーンな行為はこの3つ

 

 

・浮気相手への復讐

 

・浮気相手から料金をとること

 

・そもそも探偵業者として、存在していない

 

探偵が違法とされる行為はこの3つになります。

 

 

浮気相手へ復讐してしまうこと

 

 

2007年に 探偵業法が施行されました。

 

 

探偵業法のなかでは、探偵が行える仕事の内容について厳しくなってきています。

 

 

それだけ、昔は探偵に関してゆるかった事がわかりますね。

 

 

しかし、あなたの心理につけこむ悪質な探偵は、この制限をいともたやすく破ってしまうのです。

 

 

例えば、浮気相手と別れさせるために、憎い相手を復讐する行為。

 

 

もし、依頼するあなたが感情的になり、精神的に不安定になったとします。その感情を、直接的に解決しようとするやり方は犯罪行為にあたります。

 

 

探偵が行う違法行為に加担することになる、ということなんですね。

 

 

くれぐれも感情的になってはいけません。

 

 

証拠を確実にとり、あなたの周りを固めることが先決です。

 

 

浮気相手から料金を取ってしまう行為

 

 

探偵が守るべき探偵業法では、浮気相手を巻き込んだ調査は行なってはいけません。

 

 

これは、どういうことかと言うと

 

 

「浮気相手からも慰謝料を取れるから、それを調査費用に充てることができますよ」

 

 

など、浮気相手へ料金を請求してしまう探偵がいるケースがあります。

 

 

このような行為はもちろん法律的にも違反しています。さらに、民法上の脅迫行為にもつながります。

 

 

ここまでひどいケースはなかなか無いですが、万が一当たってしまった場合、絶対に依頼しないようにしてください。

 

 

探偵業者としての実態がない?

 

探偵を仕事としておこなう場合、法律で決められた手続きをする必要があります。

 

 

簡単に言えば、「届け出を出しなさい」 ということですね。

 

 

ですが、いち個人が勝手に探偵を名乗り、届け出もないのに営業をしている場合があります。

 

 

もちろん、「どこでもいいや」 というような感覚で依頼する場合は別です。

 

 

ちゃんとした届け出を出さずに営業をするのは、違法行為とみなされることが多いのです。

 

 

さらに、相談だけを受け付けて、着手金をもらったら後は知らないふりをする悪質な探偵もいます。

 

 

広告のうたい文句やスタッフの対応がどんなに素晴らしく見えても、届け出を行っていない探偵に依頼するのは危険です。

 

 

広告をみている段階で、届出証や認可証があるかしっかり確認しておきましょう。

 

 

まとめ

 

 

ここまで紹介した内容をチェックしていけば、犯罪行為に加担する可能性は低いでしょう。 

 

 

万が一の時のためにも探偵がどのような調査をするのか確認してください。

 

 

もし、トラブルに巻きこまれてしまったら国民生活センターにすぐに連絡です。無料で相談できます。

 

 

特に大事なのは、今まで説明してきた3つのポイントです。

 

・法に触れていないか?

 

・ちゃんと探偵として存在しているか?

 

・調査方法は違法ではないか?

 

必ずこの3つはチェックしてください。

 

 

まず確認するのは法に触れていないか? でしたね。

 

 

浮気相手に復讐をする といった調査の仕方が違法だということ。

 

 

また、電話や室内の会話を妨げるために、盗聴器を仕掛けるのも違法です。

 

 

こうした行為を繰り返し行っていたり、違和感や違法行為をやっている可能性があったら契約はやめましょう。

 

 

それを唯一確認できるのが、届出証や認可証です。

 

 

探偵がきちんと届け出をしていれば、ホームページの探偵業認定番号があるかどうかですぐにわかります。

 

 

都道府県公安委員会などの表記がなされていれば問題はありません。

 

 

他には、協会団体のホームページを見て登録しているか確認できます。

 

 

もし、

 

 

「どうしても不安。上手く探偵を選べるかあまり自信がない。。」

 

 

という場合は以下を参考にしてください。

 

 

うまく探偵を見分けることで、違法行為や犯罪に加わることを未然に防ぐことができます。

 

 

浮気調査で探偵業者を選ぶ3つのポイント

 

 

 

浮気調査でおすすめは以下の2社

浮気調査は安いだけでなく、証拠がしっかりとれる、真実をはっきりさせることが重要。
安くても信頼できる探偵社を選ぶためには見極めが大切なのです。

 


☆浮気調査HAL探偵社


・地方在住で費用をとにかく安く済ませたい主婦の方には圧倒的におすすめ

・全国対応可能の大手探偵会社の中で最安値
(最大手のA社と比べると半額か1/3の料金で収まることも多い)
(全国どこでも出張費0円。全国どこでも同一価格で対応が可能)

・1時間調査員1人6,000円〜と料金体系が明確
(今まで、パッケージ化された料金体系が一般的だったのをこのように明確にしたのはHAL探偵社が業界で初)

・調査中、弊社カウンセラーと依頼者様が連絡を取れる仕組みなので無駄な調査費用の上乗せが無い。

・後払いが可能。
(通常の着手金は前払いがほとんど)
(各種クレジットカードでのお支払いも可能、分割は応相談)

・調査成功率99.8%
(調査員は全て正社員のため調査能力が高い。他社ではアルバイトの調査員を使っている事もある)

HAL探偵社はこちら

 


☆ISM調査事務所



・東京、千葉、埼玉、神奈川在住で世帯年収が多い方だと思う主婦の方には、断然ISM調査事務所がおすすめ

・事前調査を行うことで調査成功率を向上させる
(過去の調査事例をもとに、依頼された内容を分析したうえで調査計画が提案される)

・リアルタイムで調査状況がわかる
(スマホやパソコンからの状況がすぐに見ることができる)

夫婦・心理カウンセラー資格者がいる
(関係を修復させるために専門的なカウンセリングが受けられる)

LINEで気軽に相談できる

ISM調査事務所はこちら

このページの先頭へ戻る