要注意!!悪徳業者の悪質な3つの手口

 

 

浮気調査の依頼者と契約内容などをめぐるトラブルがあとをたちません。

 

 

その結果、どんどんトラブルが増加し探偵業法が施行されました。

 

 

ですが、探偵業法が改善され実施した後も探偵業者が関わるトラブルは後を絶たないのが現実なのです。

 

 

そこで探偵業会の実態に基づき、悪質な業者の手口と依頼者が注意すべきポイントを紹介します

 

 

詳しく解説しますので、あなた自身がくれぐれもトラブルに巻き込まれないように気をつけてください。

 

 

これが現実!悪質業者の特徴と違法行為の内容がこれだ!

 

では、早速いきましょう。

 

まずは悪質な業者の特徴です。

 

 

・ 割安に見せておきながら、費用の合計が分かりにくい料金体系になっている

 

・ 操作時間を延長するために、調査の手抜き報告書の捏造を行っている

 

・ 個人情報の入手の妻犯罪行為に加担その利用依頼者に勧める

 

・ 別れさせ屋などの公序良俗に反する業者を紹介する

 

・ 仕返し屋などの 明らかな違法行為の利用を進める

 

 

 

これらを利用する探偵業者は明らかにブラックと考えるべきです

 

 

うその報告書で操作を引き伸ばすパターン

 

 

 

 

浮気調査の場合、 1、2週間の尾行調査を続けただけでは成果が得られないことも多いです。

 

 

依頼を受けても本当は本腰を入れて調査を行わず、当たり障りのない報告書をでっちあげる業者も存在したりします。

 

 

「旦那が浮気をしているかもしれない!」

 

 

という依頼者の疑う心に付け込み、調査を引き伸ばそうとします。

 

 

そうすることでより多額の費用をせしめることが目的だったりするのです。

 

 

離婚する時の慰謝料請求を目的にした調査を依頼する場合は、こうした悪質な業者には特に注意が必要です。

 

 

精神的にも苦しい状況が続くときもあると思いますが、ここは落ち着いて行動することが大切です。

 

 

「大金を支払って調査を依頼したのだから後には引けない! 」

 

 

このように考えてしまう場合もあるかもしれません。

 

 

ですが、悪質な業者はこうした心につけ入り、あなたから搾り取れるだけ搾り取ろうと企んでしまうのです。

 

 

さらに悪質なケースになると、調査によって得られた情報をあろうことかターゲットへの脅迫材料として利用することもあるのです。

 

 

本当に怖いことですよね。

 

 

例えると、妻(あなた)から依頼を受けて夫の浮気を調査したとします。

 

 

探偵業者が調査に成功した段階で、今度は夫側に接触し調査情報を 買い取ってもらうという仕組みです。

 

 

突然目の前に現れた見知らぬ男に、言い逃れようのない浮気の証拠を突きつけられれば誰でも気が動転するに決まっています。

 

 

その結果、探偵業者の言い値で証拠を買いとろうとする行為は少なくありません。

 

 

当然そこにはお金さえ払えばこれまでの二重生活から守られるということもあります。

 

 

ですが、本当に恐ろしいのはここからなのです。

 

 

こうした詐欺行為の被害はエンドレスループに陥ってしまいやすいのです。

 

 

なぜなら、浮気の事実が認められなかったという最終報告書を提出する一方で、彼らはさりげなく依頼者の心に パートナーへの疑う心を植え付けることになるからです。

 

 

こんな芸当ができる探偵業者は、人の心を 操る腕が優れています。

 

 

背信行為を繰り返しながらも、依頼者からの信頼を得ることなど彼らにとっては何の問題ではないのです。

 

 

その結果、また再び探偵業者の元に帰るようになるのです。

 

 

信じがたいですが、パートナーが浮気しているように思えてしまうのです。

 

 

「もう一度だけ調査してください!」

 

 

と言った言葉と一緒に悪のループはどこまでも続きます。

 

 

探偵業法施行後も後を絶たない 悪質なトラブル

 

 

 

 

依頼者との間の契約を めぐるトラブルや、悪質な業者の違法手段による調査などにより2007年に探偵業法が施行されました。

 

 

しかし、探偵業法の施行後も 悪質な営業活動は後を絶たないのが現実です。

 

 

ここ最近特に目立つのが個人情報の不正入手です 。

 

 

悪質な探偵業者に頼めば、住民票から預貯金残高、職歴までありとあらゆる情報が安やすと入手できてしまうのが実情なのです。

 

 

その背後にいるのが情報屋と呼ばれる陰の人たち です。

 

 

彼らは情報提供者と探偵業者をつなぐ情報問屋と言うべき存在と言えます。

 

 

情報提供者は、 個人情報を扱う公的機関や企業の従業員であることが多いようです。

 

 

彼らが勤務先のデータベースから抜き取った個人情報を、情報屋が買い取ります。

 

 

そして、そこから求めに応じて探偵業者に情報を提供していくのです。

 

 

これが個人情報流出の基本的な流れです。

 

 

もちろんこれらは明らかな違法行為です。

 

 

ここ1、2年を見ても 、ハローワーク非常勤職員による職務経歴の漏えいや携帯電話販売店員による契約者情報の漏えい 、陸運局職員による自動車登録情報の漏えい、警察官による車両情報の漏えいなど検挙された案件は かなり多いのです。

 

 

こういった案件の多さに驚きを隠せません。

 

 

探偵業法では不適切な行為が認められた場合、 営業停止 または営業廃止といった処分が行えます。

 

 

ですが、その一方で家屋への不法侵入、盗聴器の設置、個人情報のニュースなどの不正行為を行う悪質な業者が後を絶ちません。

 

 

その背後には探偵業法の限界があるのです。  

 

 

驚くことに営業停止、営業禁止処分を受けても代表者名を変えて同じメンバーが同じ住所で翌日から営業を続けることもあるのです。

 

 

もし、電話番号からの身元確認、消費者金融利用状況の確認、クレジット利用状況の確認、などをうたい文句にする探偵業者は、犯罪に荷担している証拠です 。

 

 

絶対に関わるのはやめましょう。

 

 

人の恋を邪魔する別れさせ屋の実態

 

 

 

 

浮気調査によって浮気が判明した時、別れさせ屋の利用を進める探偵業者も存在します。

 

 

ターゲットとその恋人、夫との仲を引き裂くことがその役割です 。

 

 

自然な出会いを装ってターゲットに接触し、積極的なアプローチによって恋愛関係へと持ち込むのです。

 

 

それが計画の第一段階です 。

 

 

次に、仲間に取らせたデート中の写真を恋人やあなたに届けることが第2段階になります。

 

 

こういった人の仕事が仕事だけに、別れさせ屋は容姿に自信があり恋愛経験が豊富な男女が多いです 。

 

 

またターゲットの好みが分かっている場合は、好みに合った別れさせ屋が用意されます 。

 

 

好みのタイプの美男美女に言い寄られては 、誰でも一度くらいはメロメロになってしまう経験もあるのではないでしょうか。

 

 

ですが、実際は別れさせ屋が工作に成功する確率は驚くほど低いのが現実です。

 

 

男性はともかく女性の工作が成功するケースはほぼゼロと考えた方がいいでしょう。

 

 

男性の場合も関係はほぼ下半身に限られ、真の恋愛に発展する可能性は極めて低いです。

 

 

もし、あなたがそれを浮気として許すならそれで二人が 別れる可能性はほぼゼロに等しいです 。

 

 

いずれにせよ別れさせ屋に支払う費用は無駄になると考えた方が無難です。

 

 

実はそれは別れさせ屋自身も十分承知しているようです 。

 

 

自らの仕事を諦めさせ屋と 自分で語ることも少なくないようですね。

 

 

浮気調査と違い、別れさせ屋の場合は写真だけなら簡単に捏造できます。

 

 

道を聞こうとターゲットに近づいた瞬間、恋人同士のように見える写真を撮ることも十分可能なのです 。

 

 

こんな熱々の写真を送りつけてもあの二人は別れませんでした、と説明されれば依頼者としても諦めがつくというわけです。

 

 

 

より悪質になると 、仕返し屋を紹介することもあります。

 

 

仕返しと言ってもターゲットの自動車のタイヤをパンクさせるといった子供じみた仕返しが大半です 。

 

 

ですが、それによって依頼者まで前科者になる可能性が十分にありますので気をつけましょう。

浮気調査でおすすめは以下の2社

浮気調査は安いだけでなく、証拠がしっかりとれる、真実をはっきりさせることが重要。
安くても信頼できる探偵社を選ぶためには見極めが大切なのです。

 


☆浮気調査HAL探偵社


・地方在住で費用をとにかく安く済ませたい主婦の方には圧倒的におすすめ

・全国対応可能の大手探偵会社の中で最安値
(最大手のA社と比べると半額か1/3の料金で収まることも多い)
(全国どこでも出張費0円。全国どこでも同一価格で対応が可能)

・1時間調査員1人6,000円〜と料金体系が明確
(今まで、パッケージ化された料金体系が一般的だったのをこのように明確にしたのはHAL探偵社が業界で初)

・調査中、弊社カウンセラーと依頼者様が連絡を取れる仕組みなので無駄な調査費用の上乗せが無い。

・後払いが可能。
(通常の着手金は前払いがほとんど)
(各種クレジットカードでのお支払いも可能、分割は応相談)

・調査成功率99.8%
(調査員は全て正社員のため調査能力が高い。他社ではアルバイトの調査員を使っている事もある)

HAL探偵社はこちら

 


☆ISM調査事務所



・東京、千葉、埼玉、神奈川在住で世帯年収が多い方だと思う主婦の方には、断然ISM調査事務所がおすすめ

・事前調査を行うことで調査成功率を向上させる
(過去の調査事例をもとに、依頼された内容を分析したうえで調査計画が提案される)

・リアルタイムで調査状況がわかる
(スマホやパソコンからの状況がすぐに見ることができる)

夫婦・心理カウンセラー資格者がいる
(関係を修復させるために専門的なカウンセリングが受けられる)

LINEで気軽に相談できる

ISM調査事務所はこちら

このページの先頭へ戻る