探偵業者の調査力を知る決定的な2つのこと

 

 

探偵業者浮気調査を依頼するとき、気になるのがどのくらい調査に力を入れているのかということです。

 

 

この調査力があるかどうかで結果が大幅に変わってきます。

 

 

調査を成功させるためには、使用する機材や調査員の能力など様々な要因がからんできます。

 

 

優秀な人材だけでもだめですし、優良な機材だけでもだめなのです。

 

 

探偵歴が長くベテランだとしても、使うアイテムが安いカメラであったり、機能がすばらしくても使っている人間が素人だったら成功する確率が低いのは当然のことです。

 

では、調査を成功させるには何が必要なのでしょうか。

 

 

答えは、調査員の技術と機材の質や量がマッチしていれば成功する確率は高くなります。

 

 

調査が成功するのはこればかりではありませんが、この2点がとても重要になってきます。

 

 

このページではこの調査力について詳しく解説していきます。

 

 

調査力の質を 依頼する前に見分けるには?

 

 

 

 

実は調査力を依頼する前に確認するのはとても難しいことなんです。

 

 

なぜなら、単純に「あなたの会社は調査力がありますか?」と聞いたところで

 

 

「もちろん弊社は調査力に自信があります。」

 

 

ほぼ全ての探偵業者はそう答えるからです。

 

 

そもそも調査力があるかどうかというのは、かなり主観的な要素を使っていますので、探偵業者への質問で本当のことを聞き出すことは不可能です。

 

 

探偵業者の場合、どんなに優秀な調査員でもたまに失敗することがありますし、下手くそな探偵業者でも上手くいく場合があるわけです。

 

 

大事なのはどのくらいの確率で調査が成功するのかということです。

 

 

探偵業者ごとの調査成功率がわかればそれを基準にしたいというのが本音ですよね。

 

 

ですが、探偵業者には秘密主義というのがあります。

 

 

「○○様の調査が成功しました!」

 

「成功率100%!」

 

 

と、言ったように公表することがあっても、その数値を証明することが何もないのが現実なのです。

 

 

そうなると結論として、

 

「じゃあ、探偵の調査力って知ることできないじゃない」

 

となってしまいますよね?

 

 

ですが実際には 調査力を調べるコツがあるのです。

 

それが先ほど冒頭で説明した、

 

 

調査員の技術と機材の質と量なのです。

 

 

この2点が非常に重要です。

 

 

なぜなら、探偵業者ごとにこの2点を比較していけば、より良い探偵業者が分かるようになるからです。

 

 

調査機材の質と量を確認しよう

 

 

 

 

調査機材の質と量については、 実際に機材を見せてもらうことである程度のレベルを知ることができます。

 

この時、重要なのは以下の三つです。

 

 

・調査機材を実際に見せてくれるのか

 

・調査機材について知識を持っているか

 

・調査機材を自分の調査に使用してくれるのか

 

 

 

まずは探偵業者が機材を実際に見せてくれるのかという点です 。

 

 

意外なのですが、探偵業者で機材にお金をかけているところは少ないのです。

 

 

暗視カメラや望遠カメラといった機材を持っていない探偵業者は多数あります。

 

「調査機材を見せてください」

 

と言ってみるのはかなり有効です。

 

 

ただし、相談に行った日によっては調査で調査機材を使用中という場合もあるでしょう。

 

 

前もって機材があるかどうか確認しておいた方がいいと思います。

 

 

何度も確認したはずなのに機材を見せてくれないようなら、その探偵業者が機材を所有していない可能性があります。

 

 

では、どのくらいの調査機材があれば一般的に良しとされるのでしょうか。

 

 

それは、次の4点があればまずは良しとされています。

 

 

・暗視カメラ

 

・光学100倍以上のズームの望遠カメラ

 

・一眼レフのデジカメ

 

・小型カメラやスパイカメラ

 

 

暗視カメラというのはCCD の感度を上げて暗いところを撮影できるカメラです。

 

 

普通のハンディカムを持ち出してきたら本当に要注意です。

 

 

光学100倍以上のズームというのは光学ズームが100倍ということで、デジタルズームが100倍ということではありません。

 

 

ハンディカムでもデジタルズーム700倍以上は当たり前であります。 

 

 

知識がなく説明を聞いても本当に光学100倍以上のズームなのか判別がつかない場合もあるでしょう。

 

 

30センチ以下の機材が出てきたら疑ってください 。

 

 

光学ズームの特性上、持ち歩くには不向きな大きさだからです。

 

 

一眼レフカメラはビデオの普及に よって使用頻度は少なくなってきています が、プロとしては最低限持っておきた機材です。

 

 

小型カメラは、比較的技量の低い探偵業者でもほとんどが所有していると思います。

 

 

この手のカメラは、偽装に手が込んでいたり 防水加工がされていたりと 幅が広いです。

 

 

また、調査機材をただ所有しているだけでなく機材の知識を持っていることも大切です。

 

 

なかなか質問しただけでは、知識の有無を判別するのはなかなか難しいかもしれません。

 

 

ただし、探偵業者として最低限光学ズームとデジタルズームの違いや、所有している暗視カメラが何ルクスまで対応しているかなどを聞いてみると良いでしょう。

 

 

それで答えられないようならばその探偵業者は疑った方が良いでしょう。

 

 

最後に 最も重要なことをお伝えします。

 

 

それは、調査機材を自分の調査に使ってくれるのか?

 

 

という点です。

 

 

調査員の数と比較して、かなり少ない調査機材しか置いていない探偵業者では内容によっては優れた機材を使わないケースがあります。

 

 

ひどい話しですよね。

 

 

こういったケースを防ぐには、以下のような事を話してみてくたさい。

 

 

「カメラを必ず持って調査することを約束してください」

 

 

といった感じで調査員に伝えて様子をみましょう。

 

 

それを言われて嫌な顔をするようなら要注意です。

 

 

まとめ

 

 

 

これまで、調査力についてお伝えしてきましたが、探偵業者に相談しにいき料金だけを聞いて比較検討されることもあると思います。

 

 

ですが、せっかく相手の事務所に行くのならば調査力も確認しておいた方が良いですね。

 

 

a社は調査料金が安い割りには機材を何ひとつ見せてくれなかった。

 

 

b社は調査力に自信があると言っていたのに、持ってきたのは普通のビデオカメラだった。

 

 

などのように電話では確認できないようなことを確かめるチャンスですので、探偵業者に相談に行かれる際にはぜひこの内容を試してみてください。

浮気調査でおすすめは以下の2社

浮気調査は安いだけでなく、証拠がしっかりとれる、真実をはっきりさせることが重要。
安くても信頼できる探偵社を選ぶためには見極めが大切なのです。

 


☆浮気調査HAL探偵社


・地方在住で費用をとにかく安く済ませたい主婦の方には圧倒的におすすめ

・全国対応可能の大手探偵会社の中で最安値
(最大手のA社と比べると半額か1/3の料金で収まることも多い)
(全国どこでも出張費0円。全国どこでも同一価格で対応が可能)

・1時間調査員1人6,000円〜と料金体系が明確
(今まで、パッケージ化された料金体系が一般的だったのをこのように明確にしたのはHAL探偵社が業界で初)

・調査中、弊社カウンセラーと依頼者様が連絡を取れる仕組みなので無駄な調査費用の上乗せが無い。

・後払いが可能。
(通常の着手金は前払いがほとんど)
(各種クレジットカードでのお支払いも可能、分割は応相談)

・調査成功率99.8%
(調査員は全て正社員のため調査能力が高い。他社ではアルバイトの調査員を使っている事もある)

HAL探偵社はこちら

 


☆ISM調査事務所



・東京、千葉、埼玉、神奈川在住で世帯年収が多い方だと思う主婦の方には、断然ISM調査事務所がおすすめ

・事前調査を行うことで調査成功率を向上させる
(過去の調査事例をもとに、依頼された内容を分析したうえで調査計画が提案される)

・リアルタイムで調査状況がわかる
(スマホやパソコンからの状況がすぐに見ることができる)

夫婦・心理カウンセラー資格者がいる
(関係を修復させるために専門的なカウンセリングが受けられる)

LINEで気軽に相談できる

ISM調査事務所はこちら

このページの先頭へ戻る